女性に多い冷え症。そもそも冷えとは⁉

『冷え』とはどんな状態でしょうか?

冬に限らず、日頃から冷え症で悩む女性は多いと思います。最近は、冷え症と思っていなくても実は冷えている方が女性だけではなく男性も少なくありません。

『冷え』が原因で、肩こり・腰痛など身体に何かしら影響を及ぼします。

一言で『冷え』と言っても、具体的にどういう状態を指すか皆さんご存知ですか?

実は『冷え』は、身体の上半身と下半身の温度差がある時に起こる現象なんです!!

上半身と下半身の温度差が大きいとどうなるのでしょうか?

上半身と下半身の温度差が大きければ大きいほど、『冷え』の症状も辛くなります。

人間の体温は、上半身に内臓が集まっていることもあり、上半身が高く下半身が低いのが一般的です。多くの場合、上半身が36度前後、下半身が31度前後くらいなんです。

つまり!私達は最初から『冷え』の状態にあるわけです!!

頭寒足熱をご存知ですか?

昔から『頭寒足熱』というように、頭(上半身)が冷え、足(下半身)が温まっている状態が望ましいところです。

つまり冷え症改善には、いかに下半身の温度を上げ、身体全体の温度差を小さくするかが重要なんです。

下半身の温度を上げる方法

下半身の温度を上げる方法をいくつかご紹介します。

  • かかとやつま先の上げ下ろし
  • 足湯
  • ドライヤーでふくらはぎを温める
  • ホッカイロやレッグウォーマーを使う

 

これからますます寒くなります。日頃から温めるグッズを使用しながら、下半身を意識して温めてみてください。

続けることで『冷え』による肩こり・腰痛など、身体の不調の改善が期待できます。