朝起きたら首が痛い。原因は「枕」かも!

こんな事ありませんか?

  • 朝起きると、首や肩がこっている。
  • 朝起きた時、頭がスッキリせず、鈍い痛みも感じる。
  • 寝つきや目覚めがよくない
  • 寝返りが苦しい
  • 熟睡できない

どれか一つでも当てはまった方は、もしかしたらお使いの「枕」が合っていないかもしれません!

枕が合わないことで起こる不調

枕が合っていないと、何かしら身体に不調が起こると言われています。

首の痛み

高すぎる枕は、首回りの筋肉が緊張して血行が悪くなることが痛みの原因の一つとされています。

柔らかすぎる枕は、寝返りがしにくいので、寝違えによる首の痛みにもつながります。

肩こり

高すぎる枕、低すぎる枕、不安定な枕、首と肩の間に隙間ができる枕が原因。

腰痛

枕と腰痛は一見関係ないように思われます。

人間は首から腰まで繋がっていて、一か所でも歪んでしまうと、その歪みが原因で腰に不調が出てしまうこともあります。

頭痛

枕が合っていないと無意識のうちに首の神経が圧迫され、脳への血流が悪くなり頭痛が起きます

不安定な枕は、頭の位置が定まらず首に負担がかかり熟睡できません。

朝起きた時に頭がスッキリしない、鈍い痛みを感じる場合は、熟睡できていない可能性があります。

枕が合っているかチェックしてみましょう

枕が合わないかも?とお思いの方はチェックしてみてください。

  1. 仰向けに寝た時、気をつけの姿勢と同じ顎の位置になっているか。
  2. 横向きで寝た時、首の骨や背骨が平行に真っ直ぐになっているか。
  3. 腕を前に組んで、力を入れずに寝返りができるか。
①仰向けに寝た時

いかがですか?高すぎ、低すぎになっていませんか?

自分に合った高さにしてみましょう

高さの調整にバスタオルが役に立ちます。

□枕が高いときは、背中にバスタオルを敷きます。

背中にバスタオル

□枕が低いときは、枕の下にバスタオルを敷きます。

枕の下にバスタオル

□腰痛の方には、腰にバスタオルを敷きます。

腰にバスタオル

□どこかしっくりこない場合は、バスタオルを重ねて枕にします。

3つ折り2つを重ねます

 

バスタオルは3つ折りや4つ折りで、自分に合う高さになるよう調整して下さい。

自然な姿勢で、首や肩の筋肉にできるだけ負担をかけない姿勢での睡眠が理想です。

毎朝スッキリ、痛みのない状態で起きたいですね。ぜひ試してみてください。