片足立ちできますか?

片足立ち何分できますか?

体の体幹の強さや筋肉の量、転倒防止に欠かせないバランス能力を測るテスト「片足立ち」があります。

立っていられる平均時間は、年代が上がるごとに短くなります。

開眼片足立ちの年代別平均値は・・・

   20代・・・70秒

   30代・・・55秒

   40代・・・40秒

   50代・・・30秒

   60代・・・20秒

年とともに能力や体幹が衰えていくことがわかります。

平均値を下回る場合は、体幹や筋力の低下、平衡感覚に何らかの異常が疑われるでしょう。

筋力の衰えは50代から

老化による体の衰えは、持久力よりも先に、足腰の筋肉や体幹に出ると言われています。

ウォーキングの距離や速度は、それほど衰えていないから大丈夫と思っていませんか?

実は、片足立ちや椅子から立ち上がる際など、筋力を必要とする場面から衰えてきます。

そして、それは50代から始まります。

ですから、なるべく早い段階から、筋力やバランス能力を維持するための運動を始めるのがいいでしょう。

片足立ちはオススメの運動

筋力やバランス能力を維持するためにオススメの運動は「片足立ち」です。

左右の足で、1分ずつ片足立ちを1日3セット行います。

この「片足立ち」は運動として優れていることご存知でしたか?

これを行うと、理論上50分ウォーキングしたのと同じ運動負担を太ももにかけることができます。

ただし、1分間バランスが維持できないうちは、椅子や机につかまっても構いません。

今から始めてみましょう

今から始められる「片足立ち」はこんなところがいいんです!

  • 天候に左右されない
  • 狭いスペースでできる
  • 時間がかからない
  • テレビを見ながらできる

いかがですか?

年齢とともに衰えていく筋力やバランス能力を、ずっと維持していたいですよね。

でも「外で運動したくない!」「家で簡単にやりたい!」そんな方におすすめします。

この「片足立ち」をぜひ日常に取り入れてみてください。