足首を柔らかくしよう

 

足首の柔軟性を意識したことはありますか?

足首が硬いと足先の動きの範囲が狭まるため、さまざまなことが起こりやすくなります。

  • 些細な段差でつまずく
  • 怪我をしやすい
  • 足全体の柔軟性が落ちる
  • 血流が悪くなり、足が疲れやすくなる

日常生活で思い当たることはありますか?まずはご自分の足首が硬いかどうかチェックしましょう。

足首の柔軟性をチェックしよう

それでは、チェック方法をお教えしましょう。

ステップ1

まっすぐ立った状態で足は肩幅くらいに開き、両手は体の後ろか、胸の前で組んでおきます。(前に伸ばさない)

まっすぐ立ってください。

ステップ2

踵を床につけたまま腰を落として、しゃがんでください。

踵を上げないように!
【!】チェックポイント

この時、下までしゃがめず途中で止まったり踵が浮いたり、後ろにひっくり返る人は足首が硬い人。

このような人は足首を伸ばすストレッチで、改善させましょう。

簡単にできる足首のストレッチ

ステップ1

椅子に座り片方の足首を片方の太ももに乗せ、乗せた方の足先を手で持って足首を回しましょう。右回し、左回しそれぞれ10回ずつ足を替えて両足首行います。

ステップ2

立って足を前後に大きく開きます。両足の踵を床につけたまま上体を前に倒し、前足に体重を乗せます。その時後ろ足のふくらはぎと、アキレス腱が伸びているのを感じてください。

その体勢のまま20秒キープして、左右2回ずつ行います。

まとめ

一日中歩いた、デスクワ-クだった、スポーツをしても何だか動きが悪い、そんな日のお風呂上りにこのストレッチはいかがですか?

足首が柔らかくなるとふくらはぎの動きもスムーズになり、全身の血行が改善され代謝も上がります。

足先の動きが良くなり怪我予防、運動機能の向上などの効果も期待できるので、是非やってみてください。