免疫力を上げよう!

はじめに

今年は、2月から世界中がコロナウイルス一色。

感染症に対抗するために大切なのが私たちの体が持つ「免疫力」です。そこで、今回は免疫力UPの方法について紹介します。

免疫力を上げるには、生活環境全般で色々と心がけることがありますが、腸内環境を整えることが免疫力UPの近道です。

なぜ腸内環境を整えることが近道なのでしょうか?

ウイルスやがん細胞などに対抗する免疫細胞の約6~7割が小腸に存在し、腸内環境が免疫力に与える影響が非常に大きいからです。

腸内環境を整えるために必要なことは?

まずは善玉菌を増やしましょう。

善玉菌を増やすために、善玉菌の代表格である乳酸菌(ヨーグルト・キムチ・味噌など)や、善玉菌のエサとなる食物繊維(海藻・野菜・豆・穀物など)の摂取は欠かせません。

また、日本人は太古の昔から木の実やきのこなど食物繊維が豊富な食生活を送ってきました。その結果、他の民族と比べて食物繊維から”免疫力をコントロールする物質”である「酪酸(らくさん)」を生み出す力がずば抜けて高いことが分かっています。

つまり!日本人は食物繊維をとることで、より免疫力UPさせやすいとも言えるでしょう。

更に、細胞そのものの主成分になるのがタンパク質なので、タンパク質の摂取も大事です。

まとめ

腸内環境を整え免疫力をUPさせるには、食物繊維を意識しつつ、乳酸菌やタンパク質・ビタミン&ミネラルまでバランスよく含んだ食生活を送ることが重要ということです。

コロナウイルスに限らず、様々なウイルスに負けない体を作るために、日頃の食生活をから意識して免疫力UPを目指しましょう!