痛みを感じた時に自分で出来る対処方法は?意外なことにドライヤーが役に立つ!

こんなお悩みありませんか?

  • パソコンやスマートフォンのやり過ぎで肩や首がこる
  • いつも腰が重い感じがする
  • 階段の昇り降りで膝が痛む
  • 寒くなってくると手がしびれる

日常生活でのちょっとした動作やこの頃の気温の変化で、痛みやしびれを感じることはありませんか?そんな時自宅で手軽に、手早く和らげる方法があると良いですよね。

実はあるんです!それは・・・ドライヤーで痛みのある部分を温めてみるんです!!

ドライヤーをどのように使うの?

やり方はとても簡単で、ドライヤーから吹き出る温風を、痛みのある部分に直接地肌に当てて温めます。

「やけど」をしないよう十分に注意しながら熱さを感じたら外し、また再び当てるという動作を1回として、5回を目安に繰り返します。2~3回繰り返すと、熱くなってきます。

痛みのある部分は冷えていると考えられているので、ドライヤーの温風を当てることで血流が良くなり痛みの緩和につながります。

ドライヤーを使う際の注意点

  • 服やストッキングの上から当てない
  • 冷えている部分は熱さを感じにくくなっているので、やりすぎない
  • 痛みのある部分が熱をもっている時は控える
  • 怪我をしているところは避ける
  • 温めて痛みが増したら止める

このドライヤーを使う方法は、腰痛・肩こり・首こり・膝痛・五十肩など痛みのある部分ならどこでもできます。手がしびれる時は、首を温めると効果的です。痛みを感じた時や、普段でも髪を乾かす時に一緒に行ってもいいでしょう。

また、風邪の引き始めで胃の具合が悪い時は胃の部分を、お腹にガスが溜まっている場合はお腹に温風を当ててみると、気持ちが良くなります。

「やけど」に注意さえすれば安全で心地良いものです。ぜひ一度お試しください。