股関節痛をストレッチで予防しましょう!

こんな時、股関節に痛みを感じませんか?

  • 椅子から立ち上がって最初の歩き出し
  • 座っていて立ち上がる時
  • 床に落ちた物を取ろうとしゃがんだ時
  • 正座をしている時

こんな動作の時、足の付け根や股関節に痛みが出るのが股関節痛』です。

股関節痛の原因で多い『変形性股関節症』

股関節に痛みを発生させる原因で一番多いのが、股関節の軟骨がすり減って痛みを感じる『変形性股関節症

これは関節や軟骨が老化しておこるもので、中高年に多く見られます。その中でも実は女性に多い症状と言われています。

股関節の痛みが軽いうちはウォーキングなどをしてもいいでしょう。

しかし、痛みが酷くなると正しい歩き方が出来ず、余計に股関節への衝撃を与えるので避けましょう。

股関節痛の予防や改善のためのストレッチ方法

股関節痛の予防や改善には次の3つが欠かせません。

  • 正しい姿勢
  • 股関節周辺の筋肉の強化
  • 柔軟性向上

そこで‼股関節のストレッチを2つご紹介しましょう。

ストレッチその①

  1. 仰向けに寝て両足を伸ばします。
  2. 片方の膝を曲げ両手で抱え、出来るだけ胸に近づけます。
  3. もう片方の足は伸ばしたまま床につけ、その姿勢で6秒キープして離す。
  4. これを3~5回繰り返し、逆の足も同じく行います。

仰向けに寝て両足を伸ばします。
片方の膝を曲げ出来るだけ胸に近づけます。
もう片方も同じく行います。

ストレッチその②

  1. 床に座り無理のない程度に両足を大きく広げます。
  2. そのまま5秒数えながら、足を親指側に倒すように内回転させて5秒キープ。
  3. 逆に、また5秒数えながら足を小指側に倒すようの外回旋させた5秒キープ。
  4. これを5~6回繰り返します。

床に座り足を広げます。
足を親指側(内側)に倒します。
足を小指側(外側)に倒します。

 

この2つのストレッチは、テレビを観ている時や寝る前の少しの時間で簡単に出来ます。

無理なく続ける事で、日常生活の動作が楽に出来るようになるでしょう。