使い捨てカイロを上手に使い、冬を快適に過ごしましょう!

皆さん使い捨てカイロ利用していますか?

寒がりの方にとって冬の強い味方が使い捨てカイロです。

ポケットに入れて指先を温めたり、腰痛や冷え対策のために手軽に使用できます。

貼るタイプ、貼らないタイプ、くつ下用などさまざまあり、用途に応じて使い分けている方も多いのではないでしょうか。

しかし、皆さんはこの使い捨てカイロを、どこに貼るのが効果的かご存知ですか?

効果的な貼る場所は?

場所別にポイントをまとめてみました。

首を前に倒した時に出る骨の周辺に貼ります。ここは、身体の熱を生み出すツボなので、1枚貼るだけで全身が温まります。

背中

肩から背中が冷えて血流が悪くなり、凝り固まったときには、肩甲骨の間、背骨にそって温めます。

おへその下

実は、お腹が冷えている方が意外に多いです。お腹を温めると腸が温まり、全身が温まります。

さらに腰にも貼って両方で温めてみてください。温まるのはもちろん、便秘でお悩みの方も楽になるでしょう。

耳!?と思われますが、意外にもオススメなんです。耳の表と裏に数分当てたり、耳あてに挟むだけ。

耳から頭にかけての血流が改善し、頭痛やめまいの軽減につながるだけでなく、副交感神経(リラックスした状態)が高まります。

腰痛の方は、痛みがある場所に貼ってみてください。痛みがある場所は、血流が悪くなって冷えているので、痛みを感じると言われています。温めることで痛みもやわらぎます。

使用時の注意!

  1. 肌に直接貼らない。
  2. 長時間同じ場所に貼ると、低温やけどの原因になります。肌の状態を確認して、場所を移すか使用をやめること。
  3. 就寝時は使用しない。
  4. ふとんの中や暖房器具の併用は、高温になるので使用しない。
  5. 痛みのある場所に使用し、痛みが強く感じる時は使用をやめること。

手軽に使用できる使い捨てカイロ。身体を温めるだけではなく、痛みをやわらげる効果も期待できます。

低温やけどに注意しながら上手に活用して、この冬を乗り切りましょう。