肩・肩甲骨のこり解消体操

皆さん肩こりどうしていますか?

日頃仕事や家事、パソコンやスマホの使用で肩がこっていると感じませんか?

前記事でも取り上げましたが、毎日のマスク着用でマスク肩こりの方も増えています。

普段から肩こりに加え、肩甲骨の内側のこりに悩まされている方に、簡単にできる体操をご紹介しましょう。

体操 その①

肩すくめです。

肩を約1秒ごとにすくめる→緩める→すくめる→緩めるを繰り返します。

これは仕事や家事の合間に、こったなと思ったらすぐできます。

立っていても、座っていてもできるので簡単です。

姿勢を正します
肩をすくめます
肩を緩めます

体操 その②

両腕を90度に曲げて、力こぶを見せるような格好をします。

その状態で、両側の肩甲骨を真ん中に引き寄せます。

グーッと引き寄せて脱力します。

両腕を90度に曲げます
両側の肩甲骨を引き寄せます

体操その①そのはどちらも肩が軽くなるまでやってみてください。

すぐに軽くなる方もいますので、自分に合った回数で行ってください。

体操 その③

両手をグーにして親指を天に向けます。(立っても座ってもどちらでも良いです。)

その手のまま、肘を曲げて脇をしめます。

交互に腕振りを繰り返します。(肩甲骨を動かすよう、意識して大げさの振るのがポイント!)

親指を天に向けます
腕振りを繰り返します

回数の制限はありません。

この体操には、肩甲骨を動かすことで、血行を良くし、肩・背中の循環が改善され、こりをほぐす意味があります。

指を立てるのは、指立てをすれば自然と良い姿勢がつくられます。

しないと背中が伸びない姿勢となって、背中の上下の筋肉を動かすことができないからです。

まとめ

体操その①~その②ストレッチです。

その③反復体操で、血流を素早く改善させることが可能です。

ストレッチで肩や背中の緊張をほぐし、反復体操で血流を良くします。

いずれの体操も、単調で退屈になりがちです。

しかし、テレビを観ながら、音楽を聴きながら、仕事や家事の合間のわずかな時間でできるのでオススメです。

ただし、注意してほしいのは、無理のない回数で行ってくださいね。